インテル、左サイド補強の本命はエメルソン・パルミエリ。すでに接触開始か

インテルがチェルシーのエメルソン・パルミエリ獲得に動き出しているようだ。『スカイ』が1日に伝えた。

左サイドは監督交代前から今夏の補強ポイントの一つとみられてきた。シモーネ・インザーギ監督の招へいが決まっても、エメルソンに対する関心は変わらず、すでにクラブは動き出したとのこと。選手の関係者と接触を始めているとのことだ。

インテルがインザーギ監督を選んだ理由の一つは、3-5-2のシステムだと言われている。アントニオ・コンテ監督がつくった土台をいかすためにも、同じシステムを使うラツィオ前監督を狙ったものとみられている。

あわせて読みたい
ルカクへの信頼を伝えるインザーギ。“チームづくり”開始 新たなインテルが、“チームづくり”を始めた。『スカイ』が30日に伝えている。 報道によると、インテルは選手たちとの接触を開始。経営陣だけでなく、シモーネ・インザー...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!