デ・フライがインテルと契約した元エージェンシーに激怒。法的措置も検討か

インテル

インテルのステファン・デ・フライが、インテルとの契約について問題を抱えているようだ。オランダでの報道をもとに『コッリエレ・デッラ・セーラ』などが伝えている。

デ・フライはインテルで幸福を感じているが、金銭面ではそうではないという。問題となっているのは、Segという同選手を長年管理していたエージェンシーだ。

デ・フライは2018年夏にインテルに加わった。このときに事件が起きていたようだ。この移籍はインテルとSegで交渉があった。デ・フライとの取引をまとめたことで、Segは750万ユーロを稼いだという。

この750万ユーロという金額は、デ・フライの条件次第だった。同選手の5年契約でインテルが支払う総額が5000万ユーロに達しない場合のみ、Segが得られることになっていたという。

さらに、Segはインテルから6カ月ごとに20万ユーロを受け取るという条項も組み込んでいた。そして、インテルが他クラブに放出する際には、その売却益の7.5%がSegに支払われる。

自身に不利な条件とすることで利益を得た形のSegの行為を知ったデ・フライは激怒したという。法的措置も検討していると伝えるメディアも。

デ・フライの現在の代理人はミノ・ライオラ。現行契約は2023年までとなっている。