ビダルは次節ヴェローナ戦も間に合わない見込み。別メニュー調整続く

インテル

インテルは25日、セリエA第32節でエラス・ヴェローナと対戦する。アルトゥーロ・ビダルとアレクサンダル・コラロフは、引き続き起用できないようだ。

スペツィア戦を引き分けで終えたチームは22日に練習を行った。リカバリーメニューが中心となる中、出場時間が少ない選手は通常メニューをこなしているが、その中にビダルとコラロフは含まれず、それぞれ別メニューでの調整となっている。そのため、次節に間に合う可能性は低いかもしれない。

ビダルは先月12日に左ひざ半月板の手術を受けた。その後は順調に回復していたようで、11日のカリアリ戦でベンチ入りと予想されたが、当日になってベンチ外に。アントニオ・コンテ監督は「若干の違和感があった」と話して大きな問題はないと説明していたが、復帰にはもう少しかかるのかもしれない。

コンテ監督のカリアリ戦後のコメント
3月12日の手術は成功