インテル戦のジャッジに不満のデ・ゼルビ「私的にはPK。主審のことは気に入らない」

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

インテルは7日、セリエAでサッスオーロと対戦し、2-1の勝利を収めた。サッスオーロのロベルト・デ・ゼルビ監督は、判定に納得していない。同指揮官の試合後のコメントを『TMW』などが取り上げた。

インテル相手にボールを支配したサッスオーロは、判定に苛立つシーンが何度かあった。特にインテルが2点目を挙げた前のアクションは気になるところ。サッスオーロの失点はカウンターからだが、見方によってはジャコモ・ラスパドーリがステファン・デ・フライに倒されてサッスオーロにPKが与えられていてもおかしくはなかった。

デ・ゼルビ監督は問題のシーンについて、「私的にはPKだ。彼は倒れないようにしていた」とコメントしている。

さらに同指揮官は「そもそも、私はイッラーティが審判として好きじゃない。私には好きじゃない選手が何人かいるように、好きじゃない審判もいる」と判定への不満を語った。

2失点については、次のように述べている。

「1点目は素晴らしいカウンターだとは思わない。2点目はPKになるはずのファウルからのカウンターだ。自分たちが試合をしている中でカウンターから失点するのは、恥じるべきことではない」

見事なカウンターから2点目を決めたラウタロ・マルティネスは…