インテル、新規感染なしで練習再開。各国代表合流にもOK

インテル

インテルの手は、最終的にそれぞれの代表に合流することになった。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが22日に伝えている。

21日に行われた新型コロナウイルスの検査結果が22日に出た。1人が陽性反応だったものの、選手ではなかったとのことで、チームは練習を再開している。引き続き、ダニーロ・ダンブロージオ、サミル・ハンダノビッチ、マティアス・ベシーノ、ステファン・デ・フライが不在だが、チームはアッピアーノでのトレーニングを再開した。

各国代表に呼ばれている7人もイタリアを離れ、それぞれの代表チームへと向かっている。

ただ、ミラノの保健局が許可したのは外国人選手についてであり、イタリア代表に呼ばれているニコロ・バレッラ、アレッサンドロ・バストーニ、ステファノ・センシはまた別のケース。22日もミラノにとどまった。

だが、22日夜に『スカイ』が報じたところによると、イタリア代表の3選手も合流が認められたとのこと。24日までに到着することになるようだ。

先週は新型コロナウイルス陽性者が続出したインテル
ハキミもモロッコ代表に