インテルのスクデットを確信するモラッティ氏「コンテのポケットには…」

インテル

インテル元会長のマッシモ・モラッティ氏が、現在のインテルを称えている。『スカイ』が9日、『ラジオ24』に対するコメントを伝えた。

アタランタ戦に勝利したインテルは、スクデットに大きく前進した。アントニオ・コンテ監督は試合後、ポケットにスクデットは入っているかと問われ、「40ユーロが入っているだけ」と返答している。

しかし、モラッティ氏はスクデット獲得が近いと確信している様子で、次のように語った。

「コンテのポケットには、40ユーロだけでなく、ほかのものも入っているだろうね。ダービーは決定的だった。ミランはとても好調だが、勝ち点に開きがある。アタランタ戦でも、チームがスクデットを勝ちとるために必要な特長とインテリジェンスを備えていることを示した」

特にコンテ監督の手腕を称えている。

「クラブが問題を抱えている状況で、彼はかなり孤立しているだろう。ただ、その中でこの仕事は並外れている。このカンピオナートの全ての責任を背負っている。彼は今、監督を超えた役割があるね。過去について話す必要はないと思う。彼は今を見ており、その今がうまくいっているんだ」

また、ピッチ上の主役であるロメル・ルカクにも触れた。

「最初はここまで強いとは思わなかった。ただ、とても賢い若者で、大きな進歩を遂げた。今では全てのインテリスタたちの基準だ。アンビリーバブルな選手だね」