ルカクがファンの質問に答える「練習場は戦場」「憧れはドログバ、現最強はレヴァンドフスキ」

インテル

インテルのロメル・ルカクが23日、SNS上でティフォージのさまざまな質問に答えた。

シーズンの目標

「今は“今”だけに集中している。次の試合が全てだね」

ラウタロ・マルティネスとのコンビネーション

「カギはコミュニケーションをとり続けることだね。僕たちはお互いをすごく理解している。でも、僕たちはチームのために取り組んでいるんだ」

インテルでのベストゴール

「うーん、去年のナポリ戦のゴールかな。インテルではここまですごくうまくいっている。それはうれしいけど、ティフォージがいないことだけが残念だね」

Lukaku Dominates as Inter Beat Napoli | Napoli 1-3 Inter | Top Moment | Serie A TIM
キャリアにおける後悔

「失敗は次へのモチベーションに使うんだ」

練習のリズム

「戦場だよ。ミステルは手を抜くのが嫌いなんだ。僕はそういうのがすごく好きだね」

自身のアイドルと対戦した強敵

「ドログバにはすごくインスピレーションを受けた。対戦相手で一番強かったのはコンパニだ。現在のベスト? レヴァンドフスキだね。彼のプレーが好きだし、彼の仕事への倫理も好きだ。真のプロフェッショナルだね」

最近のプレミアリーグ

「マージーサイドダービーを見たよ。エバートンのためにうれしいね」

「マンチェスター・ユナイテッドについては、スールシャール監督のもとですごくよくやっているね。僕は彼のことを監督としも人間としても大好きなんだ。彼のベストを願うばかりだ」

「チェルシー? 若いときにプレミアリーグへ行く機会をくれたクラブだ。彼らとの経験のおかげで今の僕があるね」

カルチョ以外の関心事

「ゲームとバスケットだ。コービー・ブライアントのほかにレブロン・ジェームズもNBAで僕がインスピレーションを受けるを選手だ。彼がチームを刺激して引っ張る姿はとても印象的だよ。(レブロン・ジェームズorマイケル・ジョーダン?)そんな酷なこと聞かないでよ(笑)」