コンテ騒動に触れるヴィエリ「オリアーリまで退席なら…」

インテル

クリスティアン・ヴィエリが24日、『Rai』の番組に出演した。『FcInterNews』がその内容を伝えている。

ミランについて

「見事なイブラが前線にいて素晴らしいね。それにマンジュキッチやほかにも数選手加えた。とてもよくやっている。アタランタ戦で今シーズン2敗目となったけど、オレ的には最後まで優勝争いに絡んでくると思っている」

現時点でインテルかユヴェントスのスクデットに10ユーロを賭けるとしたら、どちらに?

「現時点ならインテルだ」

コッパ・イタリアのミラノダービー

「最後まで激しい戦いになるだろうけど、オレはインテルが勝つと思っているよ」

アントニオ・コンテ監督とファビオ・マレスカ主審

「オリアーリまで怒っているとなると、限界がきたんだろう(笑)。彼が怒ったことなんてないし、退席もなかった。そのあとで監督だ。コンテはベンチで黙っているタイプじゃない。審判がミスを犯すこともある。緊張感があるから、そういった言葉が飛び交うことはあり得るだろう。その上で、彼なら落ち着くように促すことができたはずだ」

ルカクとラウタロ・マルティネスがノーゴール

「オレはインテルでの6年間、ほとんどウーディネで勝っていない。ウーディネで勝つっていうのはそれだけ難しいってことだ。そもそも、アウェーで勝つこと自体簡単じゃない。選手たちは優秀だ。たまには決まらない試合だってあるだろう」