コンテ、エリクセンの噂は気にせず「課せられた唯一の義務はベストを尽くすこと」

インテル

インテルのアントニオ・コンテ監督が9日、ローマ戦の前日会見に臨んだ。『FcInterNews』が伝えている。

相手は好調ローマ

「強敵だし、調子が良いチームだ。スクデットレースやチャンピオンズリーグ争いをするチームだね」

ビハインドの状況から勝ち点13を得ている。後半のゴールが多いが、その理由は?

「説明になるかは分からないが、昨シーズンは良いスタートを切った。そして後半にペースが落ちて追いつかれたり、逆転を許したりした。今シーズンは逆のことが起きているのかもしれない。分からないが、いずれにしてもアプローチは間違っていないと思う。サンプドリア戦でもそうだった。我々が支配したが、2点を奪われた。いつもチームの姿勢は考慮しているが、決して間違いではなかったよ」

エリクセンに関する噂はチームに問題を引き起こすか

「そういった話題には割って入らない方がいいだろう。デリケートなことだ。自分たちのことだけを考える。我々はインテルのためにベストを尽くさなければいけない。それが今シーズン終了までに課せられた唯一の義務だ」

これから8日間が決定的になるか

「時期に関係なく、非常に大事だ。2つの強敵とのゲームがある。とても刺激的であり、ここで自分たちの野心を測りたい」

クロトーネ戦のあとでビダルはどうか

「彼は正しい方法で気持ちと注意力を持ってトレーニングをした。私はアルトゥーロに対してにんじんを使うことがあるし、ムチを使うこともある。ただ、私は常に選手とチームのために、それが好きだからやっている。アルトゥーロは私をよく知っている。私が本当に気に入らなければ、頭を向けないことも分かっているね」

ベシーノの状態は?

「マティアスは別メニューだ。ちょっとだけ全体練習をこなしている。前にも行ったが、少し時間がかかるだろう。タイミングは分からないが、良い状態になればチームに加わる。彼はあらゆる点でインテルの選手だ」