マイコン、セリエDソーナ加入が決定「息子とプレーするのが夢だった」

インテル

セリエDのソーナは9日、元ブラジル代表のマイコンが加入したことを正式に発表した。

8日にイタリアに到着したマイコンは、その後移動してソーナに歓迎されている。クラブ公式フェイスブックで「ようこそマイコン」と紹介されている。

39歳で4部に身を置き、現役を続けるマイコン。それは15歳の息子とともにプレーするという一つの夢を叶えるためだった。最初の練習を終えたあと、『スカイ』にコメントを残している。

「イタリアに戻るという考えはずっと持っていた。子供たちはずっと戻ることをねだっていたね。そうして、この機会に巡りあった。家族と話して、すぐに決めたよ」

「セリエDでも何も変わらない。カルチョはカルチョだ。大事なのは意欲があるかどうかで、僕にはそれがある。この機会をくれたクラブに貢献したい」

「息子と一緒にプレーするのは夢だった。それがついに叶う。本当にうれしいよ」