デ・フライ「とてもがっかり。希望はあるけど…」

インテル

インテルは25日、チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節でレアル・マドリーと対戦し、0-2で敗れた。ステファン・デ・フライが試合後、『インテルTV』でコメントを残している。『FcInterNews』が伝えた。

「相手が初めてこちらのゴール前にきたときにPKを与えてしまった。それを決められてきつくなったんだ。それから10人になったね。後半はチャレンジしたけど及ばなかった」

「結果にはとてもがっかりしている。あと2試合あるね。グループで立て直すにも勝ちたい。まだ希望はある。でも、勝った上で、願わないといけない。自分たち次第ではない状況だ。自分たちの試合に勝つことだけを考えないとね」