ハンダノビッチ「複雑な状況になったけど、希望は最後まで」

インテル

インテルは25日、チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節でレアル・マドリーと対戦し、0-2で敗れた。GKサミル・ハンダノビッチが試合後、『スカイ』でコメントを残している。『FcInterNews』が伝えた。

「もちろん複雑な状況だ。でも、望みはまだある。厳しいグループステージになることは元から分かっていた。僕たちはやれることを示したけど、どこが突破できてどこができないのかを決めるのはピッチだね」

「レアル・マドリーは守備的なプレーに慣れていないチームだ。ボールを回す術を心得ている選手ばかりだね。だからこちらを走り回らせていたよ」