パンデフが現役続行へ。38歳、最後の願いは…

スポンサーリンク
ジェノア
スポンサーリンク

ジェノアのゴラン・パンデフが、現役を続けることを決めたようだ。『スカイ』が23日に伝えている。

37歳のパンデフは、ジェノアとの契約が6月に満了。現在はフリーだ。

この夏は北マケドニア代表として、悲願のEURO出場を果たし、大きな夢を叶えた。今後については明言していなかった。

それでも、今はキャリアを続けることを決心したという。今月末に38歳になるパンデフは、観客の前でプレーしてスパイクを脱ぎたいという意思を持っており、そのためにジェノアにとどまることを決めたようだ。