ストロートマンがイタリア復帰迫る。ジェノアはパパスタソプロスにもアプローチ

ジェノア

ジェノアがマルセイユからケビン・ストロートマンを獲得することになりそうだ。『スカイ』が8日に伝えている。

2013年から2018年にかけてローマでプレーしたストロートマンは、その後マルセイユに移籍してイタリアを離れていた。今シーズンは13試合に出ているが先発は1度だけ。そこで、ジェノアへのレンタルが承認されたという。すでに選手側はOKを出しており、細部を詰めている段階のようだ。

19位に低迷するジェノアは、かつて同クラブで活躍したアーセナルのDFソクラティス・パパスタソプロスにも声をかけているとのこと。

残留争いで生き残るために、ビッグネームを迎える準備をしている。