冨安健洋、アーセナル移籍が決定 ボローニャが発表

スポンサーリンク
ボローニャ
スポンサーリンク

ボローニャは8月31日、日本代表DF冨安健洋がアーセナルに完全移籍したことを発表した。

条件面には触れられていないが、2000万ユーロ+300万ユーロと報じられている。

2019年にボローニャの一員になった冨安健洋は、2シーズンでセリエA60試合に出場。右サイドバックとセンターバックの両方を高いレベルでこなし、評価を高めた。

今夏は当初アタランタへの移籍が活発に話題になったが、その後イングランドからの関心も報じられるように。トッテナムが長く交渉相手になっていたが、条件面でまとまらず、本人はプレミアリーグ行きを希望しつつも、移籍が決まらない状況が続いていた。

しかし、シーズン序盤でつまずいたアーセナルが獲得に動き、メルカート最終日に取引をまとめている。

ミハイロビッチは「移籍することになれば、彼のためにうれしいし、私もうれしく思う」と発言していた

【2021夏セリエA移籍市場】ボローニャの主な移籍確定情報&基本フォーメーション