冨安健洋、アタランタ移籍は依然として動かず。ボローニャは値引きの意思なし

スポンサーリンク
アタランタ
スポンサーリンク

ボローニャのDF冨安健洋のアタランタ移籍は、依然として膠着しているようだ。『TMW』が28日に伝えた。

アタランタは以前から冨安への関心が報じられている。しかし、ボローニャが要求する額をオファーできず、交渉は難航している模様。同メディアによると、ボローニャは2000万ユーロから値引くつもりはなく、まだ動きはないようだ。

この数日で冨安にはトッテナムからの関心も報じられているところ。『TMW』はトッテナムがオファーを出す可能性もあるとしており、冨安のイングランド行きもあり得るとした。