アタランタ、コッパ・イタリア決勝やミラン戦でガスペリーニ監督不在の可能性

アタランタ

アンチドーピング検察官のピエルフィリッポ・ラヴィアーニ氏が、アタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督に20日間の停止処分を要求した。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが13日に伝えている。

これによると、2月7日、ガスペリーニ監督はアタランタの選手に対する抜き打ちのドーピング検査が行われた際、検査システム全体を非難して中断させた。これが規則違反にあたるとのこと。5月10日の裁判にかけられ、問題が確認されると、処分が確定することになる。

5月10日以降のアタランタの試合は、カンピオナートがベネヴェント戦、ジェノア戦、そしてミラン戦。さらに、5月19日のコッパ・イタリア決勝ユヴェントス戦もある。制裁を受けることになった場合はメンバーとの連絡を取ることも禁止される。