注目クラブの新加入選手・退団選手・基本システムなどをチェック!

超大改革!奇跡の残留かけた大博打【サレルニターナ移籍情報まとめ】

目次

2022冬メルカート獲得・放出、基本フォーメーションは?

2022年1月のカルチョメルカートで最も忙しく動いたクラブの一つが、サレルニターナだ。今冬の獲得・放出は以下のとおり。

IN

  • ディエゴ・ペロッティ(FW/フリー)
  • イバン・ラドバノビッチ(DF/ジェノア)
  • ミカエル(FW/スポルチ・レシフェ)
  • リス・ムセ(FW/シェフィールド・ユナイテッド)
  • ラドゥ・ドラグシン(DF/ユヴェントス)
  • エミル・ボイネン(MF/CSKAモスクワ)
  • ファシオ(DF/ローマ)
  • シモーネ・ヴェルディ(FW/トリノ)
  • パスクアーレ・マッツォッキ(DF/ヴェネツィア)
  • ルイジ・セペ(GK/パルマ)
  • エデルソン(MF/コリンチャンス)

OUT

  • シミー(FW/パルマ)

総括

[affi id=11]

クラブの買収先が見つからずにシーズン途中で失格となる可能性があったサレルニターナは、後半戦の巻き返しに向けて大きくチームを変えてきた。

まず着手したのは、大物ディレクターの獲得。ワルテル・サバティーニの招へいで大規模な変更に動くことが可能となった。

最終的に獲得したのは、上記の選手たち。そのほかに、ジエゴ・コスタなどの獲得も実現はしなかった。それでも、これだけの人数を獲得したということは、補強リストに名前が出た選手はかなりの数いたことが想像できる。

サレルニターナとしては、昨年夏に獲得したシミーが不発だったのが誤算で、前線は入れ替えることに。シェフィールド・ユナイテッドから獲得したムセに期待が集まる。その後方には、シモーネ・ヴェルディを迎えて10番を与え、フリーだったディエゴ・ペロッティも2月頭に加入。現役引退報道も出たフランク・リベリーも現時点で起用可能だ。

そのほかにも、GKを含む各ポジションに新戦力を迎えており、どのようなチームができあがるかに注目したい。

急造チームで戦術面に不安があるのは間違いないが、22試合で勝ち点10、最下位に低迷するサレルニターナが巻き返すには、リスクを冒した博打が必要なことは明らかだ。

[affi id=10]

2021-22後半戦基本フォーメーション

太字は新戦力

[3-4-2-1]
GK セペ
DF ドラグシンファシオ、ヴェゼーリ
MF マッツォッキボイネンエデルソン、ラニエリ、ヴェルディ(リベリー)、ペロッティ
FW ムセ

[affi id=12]

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次