5/20 アパレル第2弾!

シェフチェンコ、ミラン出身監督の多さは「アンチェロッティの功績」

ジェノアの監督に就任したアンドリー・シェフチェンコが10日、就任会見に臨んだ。その模様を複数メディアが伝えている。

選手時代にミランで伝説的な活躍をしたシェフチェンコは、現役引退後にウクライナ代表を指揮。クラブレベルでは、今回のジェノア指揮官が初の監督キャリアだ。

シェフチェンコは「これは私の監督としてのキャリアで非常に大事な時期だ。特別な絆のあるイタリアという国に戻ってこさせてくれたことに感謝したい。ジェノアは素晴らしいクラブで、とても魅力的なプロジェクトがある。来年もセリエAで戦うことができるように、ベストを尽くしていく」と抱負を語った。

かつてのミランの同僚の多くが監督業へ進んでいることについては、次のように話している。

「アンチェロッティの影響がすごく大きいと思う。あのチームから素晴らしい人物がたくさん生まれていったね。ミランの成功は、そういった素晴らしい価値観を持った素晴らしい人物で構成されていたからこそだろう」

ジェノアは第12節終了時点で17位。ミランとの試合は、12月1日を予定している。

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる