ロレンツォ・ルッカは何者? 注目爆上がり中の2メートル超大型FWにミラン、インテル、ユヴェントスなどが興味

スポンサーリンク
イタリア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大ブレーク中のロレンツォ・ルッカに強豪が注目

セリエBのピサでゴールを量産するU-21イタリア代表FWロレンツォ・ルッカが大きな注目を集めている。

プロフィール

ロレンツォ・ルッカ
ポジション:FW
背番号:22
国籍:イタリア
生年月日:2000/9/10
年齢:21歳
身長:2,01m

今季からセリエBに挑戦

ルッカはトリノのモンカリエーリで生まれた。8歳でトリノの下部組織に入団。16歳のときにキエーリからのレンタルでアトレティコ・トリノ(プロモツィオーネ/イタリア6部)に加入しているときにトップデビューを飾った。

とはいえ、プロレベルで注目を集めたのは最近のこと。2020-21シーズンにセリエCのパレルモで27試合に出場して13ゴールを決め、210万ユーロの移籍金でピサに引き抜かれたのは今年夏のことだった。

すると、開幕から7試合で6ゴールと大暴れ。一躍注目を浴びる存在となり、2021年9月7日にU-21イタリア代表デビューを飾っている。ルッカはこれまで世代別代表の経験がなく、代表のユニフォームはこれが初めてだ。

イブラヒモビッチに憧れるだけでなく…

ルッカは10月5日付『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューの中で、子供の頃からの憧れがズラタン・イブラヒモビッチとダビド・トレゼゲだったと語った。

その上で、現在のトップ3を問われると、「今でもイブラは入る。僕にとっては歴代最強だ。少なくとも、僕が観た中ではね。あとはジェコとレヴァンドフスキかな。いや、今はハーランドの方が優れているかもね」と話している。

ルッカは、イブラヒモビッチにかなり影響を受けている様子。「僕と同じで背が高い。僕の方が少し大きいけど、学ぶことは多いね。動きだったり、いろいろ真似ている。僕も彼みたいに瞬発力があるし、アクロバットだってお手の物だよ」と述べ、自身が同じタイプであると語った。

2,01mのFWといえば、最前線に張って空中戦勝負というスタイルを想像しがちだが、実際にゴールから離れたところからドリブルを仕掛けたり、サイドに流れてパスを引き出すなど、ただの“電柱”ではないことは、これまでのピサでのプレーが証明している。

6部→3部→2部→?

すでに3つのカテゴリーでゴールを決めているルッカ。4つめとなるセリエAの舞台はすぐそこまできている。イタリア期待の超大型FWは、どんなストーリーを歩んでいくのだろうか。

●ミラン、ユヴェントス、フィオレンティーナ、ローマも関心

●インテルの補強リストにも?