イタリア代表、EURO2024本大会出場決定。ウクライナ代表との決戦でドロー

アッズーリが耐え抜いて予選突破

EURO2024予選グループC最終節のウクライナ代表対イタリア代表が20日に行われた。試合は0-0で終了し、イタリア代表が本大会出場を決めている。

イタリアは引き分け以上で本大会出場、ウクライナは勝てば逆転で本大会出場となる大一番。立ち上がりから主導権を握ったのはイタリアだったが、ウクライナもミハイロ・ムドリクの突破力などでゴールに迫る機会があるオープンな展開となった。

前半の終盤は、イタリアがセットプレーやフェデリコ・キエーザの仕掛けでチャンスを生み出して先制点に近づいたが、均衡は破れず。0-0で折り返す。

後半に入ってもスコアはなかなか動かない。65分にはウクライナのクロスボールに対してジョヴァンニ・ディ・ロレンツォの対応が中途半端になって大ピンチとなるが、GKジャンルイジ・ドンナルンマの好守でしのいだ。

時間が経つにつれて、勝たなければいけないウクライナが攻勢を強める。しかし、アッズーリは隙を見せず、危険な位置に入り込まれない。

アディショナルタイムにはペナルティーエリア内でボールを受けたムドリクとブライアン・クリスタンテが接触。イタリアとしてはひやりとする場面だったものの、主審は笛を吹かず。

試合は0-0で終了。イタリアはグループCの2位でEURO2024出場が決定。ウクライナはプレーオフに回ることが決まった。

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
SwG Basic の例
広告