ユヴェントスvsミラン:選手採点[イタリア3紙]

6日に行われたセリエA第31節のユヴェントス対ミランは、2-1でユヴェントスが勝利を収め、スクデットに王手をかけた。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』『コッリエレ・デッロ・スポルト』『トゥットスポルト』が出場選手を採点している。

3紙とも途中出場で決勝点を決めたFWモイーズ・キーンを高く評価しているほか、対ユヴェントス初ゴールを記録したミランのFWクシシュトフ・ピオンテクにも高い評価がついている。

最低点は各紙とも同じ人物となった。この試合をさばいたミケーレ・ファッブリ主審に対するもので、ガゼッタが「4.5」、コッリエレとトゥットが「4」を付けている。

選手採点は以下のとおり。

【ユヴェントス】GdSCdSTS
シュチェスニー6.566.5
ルガーニ5.55.56
ボヌッチ5.55.55.5
アレックス・サンドロ665.5
デ・シーリオ666
ベンタンクール55.55.5
エムレ・ジャン666
→25分 ケディラ666
ベルナルデスキ6.566.5
スピナッツォーラ656
→61分 ピアニッチ6.578
ディバラ6.566
→66分 キーン7.578
マンジュキッチ66.56
【ミラン】GdSCdSTS
レイナ6.56.56
カラブリア565
→84分 クトローネ---
ムサッキオ55.55
ロマニョーリ6.55.56
ロドリゲス665
ケシエ65.56
バカヨコ6.56.56.5
チャルハノール6.56.55.5
スソ565.5
→76分 カスティジェホ-5.55
ピョンテク777
ボリーニ6.55.55