セリエA今季最初の監督解任 3連敗のヴェローナが決断

スポンサーリンク
移籍関連
スポンサーリンク

エラス・ヴェローナが、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の解任を発表した。

ヴェローナは開幕から3連敗中。サッスオーロ、インテルと連敗したあと、13日にボローニャと対戦して0-1と敗れたことで、クラブは決断を下した形だ。決定は14日の朝に指揮官に伝えられたという。

『スポルトメディアセット』によると、開幕3試合で7失点という失点数が大きかった。ただ、それ以前に、クラブ経営陣と指揮官が良い関係性を築けなかったのだろうとも伝えている。

後任の有力候補は、イゴール・トゥドール、ロランド・マラン、ジュゼッペ・イアキーニらが挙がっている模様だ。

ディ・フランチェスコは6月にエラス・ヴェローナの指揮官に就任。わずか3試合で新しい冒険は幕を閉じた。

エラス・ヴェローナ、新監督はディ・フランチェスコに決定
エラス・ヴェローナは7日、新監督にエウゼビオ・ディ・フランチェスコ氏を迎えたことを発表した。契約は2年間となっている。ヴェローナは先月末にイバン・ユリッチ前監督の退任を発表。指揮官をトリノに引き抜かれた形になり、新監督...