フィリッポ・インザーギ、ブレッシア監督就任決定。弟のインテル行きには「正しい選択」

スポンサーリンク
移籍関連
スポンサーリンク

ブレッシアは9日、フィリッポ・インザーギ監督の就任を発表した。

2020/21シーズンにベネヴェベントを率いたフィリッポ・インザーギ監督は、クラブを1部残留に導けず、2年間を過ごしたクラブを離れることになった。

ブレッシア公式サイトでフィリッポ・インザーギ監督は、「私にとって新たな冒険の始まり。ブレッシアにくることができてうれしく思う」と語っている。

また、この日に会見も行われた。この夏は多くの監督が入れ替わる異例の事態となっている。弟のシモーネ・インザーギも、ラツィオからインテルへ移った。

フィリッポ・インザーギ監督は同業者の弟について、「よく話し合って、お互い助言しあっている。5年もあれば、10人の選手を入れ替えるか、監督を交代するか、というタイミングがくる。シモーネは正しい選択をしたと思う。弟はラツィオでとてつもないことをした。弟のためにうれしいよ。戦いに苦しみは付き物だが、そういうものさ」と語っている。