監督交代のパルマ、デニス・マン獲得を準備か。フィオレンティーナも関心?

移籍関連

セリエAで18位に低迷するパルマ。残留を目指す切り札は監督交代だけではないかもしれない。『TVパルマ』は、FCSB(旧ステアウア・ブカレスト)のFWデニス・マンの獲得に動いていると伝えた。

22歳のマンは、ウイングや2列目、トップ下などを得意とするルーマニア代表の選手。パルマはジェルビーニョと組ませることで攻撃力を高めたいと考え。直近5試合で1得点という問題の解決を目指している。

パルマに戻ってきたロベルト・ダヴェルサ監督の意見も聞くことになるはずだが、これから動きがあるかもしれない。

マンに対する関心はパルマだけではなく、フィオレンティーナも以前から注目しているという。