ディ・フランチェスコ、ローマとの契約を解消。サンプドリア監督就任迫る

ローマ

 エウゼビオ・ディ・フランチェスコ氏がローマとの契約を解消した。21日、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

 2018/19シーズン途中にローマの監督を解任されていたディ・フランチェスコ氏は、ローマとの契約が2020年まで残っていたが、これを解除することで合意に達した。

 これにより、マルコ・ジャンパオロ監督が去ったサンプドリアへ行きが目前となっている。