ペッレグリーニは年内復帰絶望 ローマ、次節の中盤は…

クリスタンテとビジャールは新型コロナ陽性

ローマのロレンツォ・ペッレグリーニが、一足早く2021年の戦いを終えることになった。『スカイ』が29日に伝えている。

ペッレグリーニはトリノとの試合で負傷し、この検査が29日に行われた。その結果、大腿四頭筋の損傷が確認され、年内復帰はできないと診断されたという。

ローマの主将を務めるペッレグリーニは、出場停止によって欠場したラツィオ戦を除いて、今季全ての試合に先発していた。大きな信頼を寄せているだけに、ジョゼ・モウリーニョ監督にとっても頭が痛いところだ。

ローマは現在、ゴンザロ・ビジャールとブライアン・クリスタンテが新型コロナウイルス陽性でチームから外れている。12月1日のボローニャ戦では、出場停止から戻ってくるジョルダン・ヴェレトゥや、新しい役割で存在感を増しているヘンリク・ムヒタリャンに頼ることになりそうだ。

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
SwG Basic の例
広告