イタリア勢注目のザカリア、ボルシアMGは放出望まず

スポンサーリンク
ローマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「シーズンが終わるまでに彼との契約延長がまとまることを願っている」

ボルシア・メンヒェングラッドバッハのデニス・ザカリアは、イタリアへの移籍が噂されている。しかし、ボルシア・メンヒェングラッドバッハは簡単に手放すつもりがないようだ。ドイツ『bild』が伝えたマックス・エベールSDのコメントを『TMW』が取り上げた。

ザカリアにはローマ、インテル、ユヴェントスなどが関心を示している模様。契約は今シーズンいっぱいまでとなっていることから、様々な可能性が噂されている。

これについてエベールSDは、「彼やほかの選手がクラブを去りたいと言っているなら、我々がその問題に対処しないのは愚かなことだ」とコメント。「その一方で彼を残すことがシーズン後半戦へのアドバンテージになるかどうかをしっかり判断しなければいけないだろう」と語っている。

そして同SDは「私は2026年までにボルシア・メンヒェングラッドバッハでやるべき仕事がある。シーズンが終わるまでに彼との契約延長がまとまることを願っているよ」と述べた。