スカマッカ、父のローマ練習場“襲撃”に「ショックを受けた。説明できない」

スポンサーリンク
ローマ
スポンサーリンク

ジェノアのFWジャンルカ・スカマッカが、父の逮捕に触れた。19日付『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

スポンサーリンク

一体何が?

複数メディアは18日、スカマッカの父親が逮捕されたと報じた。

ローマの練習場トリゴリアにバールを持って侵入したエミリアーノ・スカマッカ。トップチームは不在の時間だったが、駐車場にあった首脳陣の車を複数と凶器で叩き出したという。守衛の通報を受けて駆けつけた警察が逮捕した。その模様が『ガゼッタ』ではイラストで紹介されている。

「説明できない」

ジャンルカ・スカマッカは、この事件を受けて、次のようにコメントしている。

「事件のことを読んですごくショックを受けた。何も説明できない。それについて話すのはつらいけど、たぶん必要なことだ。僕の父は、しばらく母と別居している。離婚はしていない。というのも籍を入れていないからだ。僕は母と姉(妹?)と一緒に育った。2人が僕の家族だ」

スカマッカはローマの下部組織でプレーしていた経験がある。そのため、事件当初、そのときのことが何らかの形で影響しているのではないかと推察された。だが、スカマッカ本人に心当たりはない。

「(父との接点は)たまにだ。ほとんど会わない。ただ、それは家族のことで、自分の中にとどめておきたい。プライバシーを尊重してくれたらうれしく思う。僕のキャリアと父は一切関係していない。事件についてはすごく残念だしショックを受けた。でも、僕は父とほぼ関係ないんだ。だから、何を言ったらいいか分からない」

ミランやユヴェントスへの移籍も噂になるスカマッカ