オシメンへのアメとムチ スパレッティ怒りのワケは?

スポンサーリンク
ナポリ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

インテル戦で負傷交代のナポリのエース

ナポリは21日、インテルと対戦して2-3で敗れ、今シーズンリーグ戦初黒星を喫した。試合後にルチアーノ・スパレッティ監督がコメントを残している。『TMW』などが伝えた。

スパレッティ監督は試合中、ビクター・オシメンに強い口調で指示を送っていた。その理由を『DAZNイタリア』で説明している。

「彼は気前が良い。全てのボールに反応してしまうが、実際はその中で選ぶ必要がある。左右に出るし、下がって受ける。その中で反対サイドに出たら、チーム全体で100メートル走になってしまうんだ」

そのオシメンは負傷で後半途中に交代となった。

「彼は眼のあたりが腫れていてしっかり見えなかった。ただの打撲で終わりであってほしいね」

一方で、試合後の会見では、オシメンへの期待も口にしている。

「彼はジョージ・ウェアに似ている。おそらく技術的にはそこまでではないが、質は同等だ。マルコ・ファン・バステンのことも思い出すね。オシメンはまだ若く、その域に達する可能性があるはずだよ」