現役引退のサンタクローチェ「モウリーニョ・インテルとの対戦は良い思い出。クレスポは勘弁」

ナポリ

現役を引退した元ナポリのファビオ・サンタクローチェが、『TMWラジオ』に出演し、かつての思い出を語った。『FcInterNews』が取り上げている。

思い出深い試合について問われたサンタクローチェは、次のように語った。

「ブレッシアでデビューしたての頃はやっぱり覚えている。アンチェロッティが率いるミランとの試合はクレイジーだったね。当時は18歳か19歳だった。最も美しいゲームの一つだね」

「モウリーニョのインテルも思い出だ。僕たちが1-0で勝ったんだよ。幸運にも、僕はすごい相手たちと戦うことができた。再び戦わなくてよかった相手? クレスポだ。運良く、彼は引退したんだ。ただ、ナポリ対インテルは本当に難しかった。本当に動き出しがクレイジーで、ずっと彼を追い続けるハメになったよ」

サンタクローチェは自身の今後について、「若い選手の管理を始めた」と代理人として活動することを報告。「カルチョの世界に、少しメンタルの健康をもたらしたい。失われつつあるものだと思うからね」と語っている。