最終節でデビューの20歳ブレッシャニーニ「このユニフォームでサン・シーロに立つのが夢だった」【ミラン対カリアリ】

ミラン

ミランは1日、セリエA最終節でカリアリと対戦し、3-0の勝利を収めた。この一戦でデビューを飾ったMFマルコ・ブレッシャニーニが試合後、『ミランTV』にコメントを残している。『MilanNews』が伝えた。

「本当に感激している。クラブ、ミステル、スタッフ、大変なときもそばで支えてくれた人たち、みんなに感謝を伝えたい。本当にうれしいよ」

「僕はミラニスタ一家で育った。このユニフォームを着てサン・シーロでプレーすることがずっと夢だったんだ。それが今日実現したね。これがただのスタート地点となることを願っている」

「(トップチームのロッカールームは)素晴らしいパーソナリティがあって、みんなが僕を助けようとしてくれる。練習もそうだし、今日の試合もね。特に重鎮はそうだった。昨シーズンはアバーテ、ジャック、ガットゥーゾ、今シーズンはイブラ、ビリア、ベナセル、そしてピオリ監督。彼らからは学ぶことしかない。見ているだけでもそうだね」

タイトルとURLをコピーしました