クアッシ狙うミラン、ラングニックも後押し。さらにPSG若手2人に興味か

ミラン

ミランはますますDFタンギ・クアッシの獲得に近づいている模様だ。『トゥットスポルト』が4日に伝えた。

クアッシはパリ・サンジェルマン残留の可能性を残すものの、契約延長に至らなかった場合はミランに加入する可能性が高いと言われている。

『トゥットスポルト』によると、来シーズンのミランを率いる予定のラルフ・ラングニック氏はライプツィヒ時代からクアッシについて考えていたとのこと。もうすぐ18歳となる有望株の獲得を止める人間はクラブ内にいないようだ。

また、ミランはパリ・サンジェルマンのほかの若手にも関心を持っている模様。DFティモシー・ペンベレとFWアルノー・カリムエンドがその選手と伝えられている。

タイトルとURLをコピーしました