ボローニャ幹部、イブラヒモビッチ獲得に否定的。冨安健洋放出については「次の市場では売却しない」

ミラン

ボローニャの幹部であるワルテル・サバティーニ氏が、移籍の噂について『スカイ』のインタビューで語った。『TWM』が伝えている。

シニシャ・ミハイロビッチ監督は最近、母国メディアに対して、ミランFWズラタン・イブラヒモビッチ獲得の可能性があると語っていた。

これについてサバティーニ氏は、「ボローニャの手の届かないところにある選択肢だ。あまり信じていないよ」と語り、現実的ではないと話している。

一方、ローマからの関心が伝えられるDF冨安健洋については、「次の市場では売却しない。実際の価値とは違うからね」と述べ、もう少し成長を見守る方針であることを明かした。

タイトルとURLをコピーしました