ラングニック、ミラン行きを否定せず「私は冒険が好き」

ミラン

ラルフ・ラングニック氏が、ついにミラン行きをほのめかした。ドイツ『Bild』に対するコメントを『ANSA通信』などが伝えている。

ミラン監督就任が噂され続けているラングニック氏は、これまで合意を否定してきた。

しかし、同氏は今回、「(ミランから)一緒にやる可能性があるかどうかを聞かれた」とコメント。「レッドブルにそれを知らせて、そのあとに代理人との話し合いがあった」と認めている。

ただ、「その後新型コロナウイルスの問題がやってきて、より重大な問題が発生している。私は冒険が好きだ。ただ、それが自殺のミッションであってはいけない」と述べた。