スソは移籍に前進中。ピョンテクとパケタはより複雑

ミラン

 ミランが選手の放出を進めている。『スポルト・メディアセット』は、クラブの出口に最も近いのはスソだと伝えた。

 ただし、まだセビージャとの交渉は終わっていない。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ミランに放出の意思があり、セビージャには獲得の意思がある。しかし、ミランは18カ月のレンタルのあとで、完全移籍に2500万ユーロを要求しているのに対し、セビージャは1800万ユーロに抑えたい考えのようだ。

 それでも、「最終的には合意するだろう」と記事は伝えている。

 一方でクシシュトフ・ピョンテクとルーカス・パケタの取引はより複雑な状況。移籍するにしても、もう少し時間がかかるようだ。

タイトルとURLをコピーしました