ミランを引き上げたいイブラヒモビッチ「ちょっと自信が欠けている」【ミラン対サンプドリア】

ミラン

 ミランは6日に行われたセリエA第18節でサンプドリアと対戦し、ホームで0-0と引き分けた。ズラタン・イブラヒモビッチが試合後、『スカイ』にコメントを残している。『MilanNews』などが伝えた。

【ミラン対サンプドリア】イブラ、早速デビューも…。「救世主ではない」指揮官の言葉どおりに【セリエA第18節】
ミラン 0-0 サンプドリア 【セリエA第18節@サン・シーロ】 ▼先発メンバー ▼採点(『MilanNews』) GK ドンナルンマ 7 DF カラブリア 5.5 ムサッキオ 6 ロマニョーリ 6 エルナンデス 6...

 イブラヒモビッチは55分に途中出場。サン・シーロは大いに盛り上がった。

「強烈なアドレナリンと感情がわき上がった。9,10年前に連れ戻してくれたね。ティフォージとの関係はいつも美しい。大きなモチベーションを与えてくれる」

 しかし、この日はゴールを奪えなかった。

「ピッチでは信頼が欠けていて、ゴールを奪うアグレッシブさが足りない。チームの最大限を出すために何をすべきかを理解していかなければいけない。自分は4日前に来たところだ。助けになれるよう頑張っていく。ちょっと自信が足りないんだ」

 同時に入ったラファエル・レオンにも触れている。

「彼にはどう動くべきかということを説明した。全てが経験だ。今は苦しまなければいけない。ティフォージは満足していない。結果が出ていないからね。ポジティブに考えて取り組んでいかないといけないよ」

タイトルとURLをコピーしました