ボバンが不甲斐ないプレーを謝罪。ピオリ続投は「疑いなし」【アタランタ対ミラン】

ミラン

 ミランは22日、セリエA第17節でアタランタと敵地で対戦し、0-5の大敗を喫した。幹部のズボニミール・ボバンが試合後に『スカイ』でコメントを残している。『MilanNews』などが伝えた。

【アタランタ対ミラン】屈辱の大敗でクリスマス【選手採点・コメントetc.】
アタランタ 5-0 ミラン 【セリエA第17節@ジェビス・スタジアム】 10分 1-0 パプ・ゴメス(アタランタ) 61分 2-0 パシャリッチ(アタランタ) 63分 3-0 イリチッチ(アタランタ) 72分 4-0 イリチッチ(...

「悲しみ、うろたえるのは当然だ。試合を支配していたのがアタランタだったから、心配もある。アタランタについては称賛しなければいけない。これは我々としては予想外だった。この1カ月半はチームとしての成長がみられていたからだ。ひどい停止になってしまった。1月からリスタートを切らなければいけない」

「今日は全員が深い痛みを感じている。特にパフォーマンスだ。ただ、この1カ月半の全てを台無しにしたくはない」

「我々はピオリと彼の仕事ぶりにとても満足している。(監督続投は)疑いの余地がない」

「(ティフォージへ言いたいことは?)私の反省の弁は全て彼らに向けられていると思う。我々もティフォージだ。非常に残念に思う。ティフォージへの謝罪は私としては哀れだが、彼らも非常に残念がっていることを知っている」

「(ピオリ監督は)シーズン序盤のあとでうまくリアクションして選手たちを立ち直らせた。良くやっている。全てを捨てることはない。今日はひどい試合だった。全員がひどいプレーだった。我々はそれに対しての責任を負う」

「(1月のメルカートは)攻撃と守備について話している。ただ、何ができるかはこれからだ。可能性と機会次第のところだね。冬のメルカートは、夏のメルカートとは別物だ。何かが起これば、我々は動くということだけだね」