パケタ、ジャンパオロ前監督に不満「混乱していた」

ミラン

 ミランのMFルーカス・パケタは、マルコ・ジャンパオロ前監督の戦術に不満があったようだ。『スカイ』のインタビューの様子を『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

 SPAL戦でステファノ・ピオリ新体制3試合目で初白星を手にしたミラン。チームは現在、新指揮官への信頼を強調している。

 パケタは『スカイ』のインタビューで、ジャンパオロ体制で何が機能しなかったのかと問われると、「まずは適正じゃないポジションに置かれた選手がいたことだ」と語った。

「自分のポジションで起用されると、さらにできるものだ。今はそれが起きている。僕たちは向上するしかない。ピオリのチームでより快適だと感じている。監督はすごく直接的に要求してくる。それは助かるね」

「あまりたくさんの情報を受け取っても混乱してしまう。彼はすごくはっきりしていているんだ。自分の好きな場所でプレーすれば、みんながよりベストを尽くせる。それはミランの助けになるんだ」

タイトルとURLをコピーしました