ミラン首脳陣が深夜に会談。ジャンパオロの去就は…?

ミラン

 29日に行われたセリエA第6節でフィオレンティーナに敗れたミランは、監督交代を真剣に検討し始めているかもしれない。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が30日に伝えている。

 これによると、ミランはマルディーニ、ボバン、マッサーラといった首脳陣がフィオレンティーナ戦のあとでサン・シーロで話し合いを行った。エリオット・ファンドのオーナーの息子であるゴードン・シンガー氏がミラン幹部と会談をすると言われており、さらにクラブは混乱している様子だ。

 フィオレンティーナ戦のあとでティフォージの怒りは爆発しており、ミランはジャンパオロ監督の去就について検討を始めたとみられる。現時点ではラニエリ、ガルシア、ガットゥーゾらがリストにありそうだ。

 ただ、ラニエリはこの噂から距離を取っている。『Raiラジオ1』の番組内で「ミランの監督に? ジャンパオロが続けることを願うよ。彼の資質を全て発揮してほしい。彼のことをリスペクトしているし、とても優れた指揮官だ。ミランのために良い解決策を見つけてもらいたい」と述べていた。