アンドレ・シルバ復活の予感? ジャンパオロ体制で成長に期待

 マルコ・ジャンパオロ監督招へいで、ミランはFWアンドレ・シルバへの期待を高めるかもしれない。少なくとも『トゥットスポルト』はそう考えている。

 新体制で若手主体のチームへ移行する見通しのミラン。ジャンパオロ監督は2トップで戦うため、クシシュトフ・ピョンテクのほか、パトリック・クトローネの出番が増えることが予想されている。さらに、レンタルから戻ってくるアンドレ・シルバも構想に含まれるかもしれない。

 アンドレ・シルバは2017年、ミランが3800万ユーロの大金を投じてポルトから獲得したポルトガル代表アタッカー。しかし、セリエA1年目は不発に終わり、2018/19シーズンはセビージャにレンタルされていた。セビージャは完全移籍オプションを行使せず、ミランに戻ることが決まっている。

 ただ、『トゥットスポルト』は36歳で進化を遂げたサンプドリアFWファビオ・クアリアレッラを例に挙げ、ジャンパオロ監督がアンドレ・シルバを再び飛躍させると予想。テクニックとシュートに関して質の高いものを持っているアンドレ・シルバであれば、指導者次第で大きな成長も可能とみている。

 ポルトガルを離れてからは厳しいシーズンが続いているアンドレ・シルバ。3800万ユーロの価値を示すことができるだろうか。

タイトルとURLをコピーしました