ピオリを信頼するミラン元主将。問題は指揮官の手腕よりもクラブの変化?

アンブロジーニの意見は?

ミランの元主将であるマッシモ・アンブロジーニが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』でチームの不振について語っている。

最近はステファノ・ピオリ監督の手腕についての話題も増えているが、元カピターノは疑いを持っていないようで、次のように話した。

「(不振は)様々な要因が重なっている。主力たちも困難な状態だしね。ユヴェントス戦のチャウ、ラインデルスの最近のパフォーマンスダウンも影響したと思う。私としては、夏のメルカートでミランが大きく変わったことを忘れてはいけないと思う」

「クオリティーの高いチームだ。ただ、インテルが長い時間をかけて手にしたような意識の部分は足りていない」

「ピオリの手腕? 私はそこの問題じゃないと思う。ただ、優れた監督は高い集中を維持するためにモチベーションを高めることができるものだと思う。ピオリはスクデットのシーズンにそれをやった」

「ミランはクラブとして変わった。新しい組織になったね。ほかの人がやっていたこともピオリが担うようになり、さらに責任が大きくなったと感じる」

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
SwG Basic の例
広告