フロレンツィの捜査は「違法賭博」で。本人もサッカー賭博を否定

新たな賭博スキャンダルはどうなる?

ミランのアレッサンドロ・フロレンツィが、トリノ検察の聴取を受けている。『ANSA通信』などが16日に伝えた。

新たに賭博スキャンダルで名前が浮上しているフロレンツィ。報道によると、容疑はスポーツに賭ける不正行為ではなく、違法ギャンブルのみとなっているようだ。

『ANSA通信』によると、フロレンツィは事情聴取に対して、ルーレットなどのギャンブルをしたことは認めているが、サッカーでは一切賭けをしていないと主張しているという。

フロレンツィの担当弁護士は、ニコロ・ザニオーロと同じ人物とのこと。ザニオーロはサンドロ・トナーリ、ニコロ・ファジョーリと異なり、ここまで処分されていない立場だが、フロレンツィはどのような形になるだろうか。

●賭博スキャンダル関連記事はこちら

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!