賭博スキャンダル:ミランのフロレンツィも捜査の対象に

イタリア複数メディアが報じる

先月イタリアサッカーを揺るがした賭博スキャンダルは、まだ終わっていなかったようだ。今度はミランのアレッサンドロ・フロレンツィに疑いがかかっていると、『ANSA通信』や『スカイ』が15日に伝えている。

これらの報道によると、フロレンツィは違法賭博を行った疑惑があり、トリノ検察に容疑者として登録された。

今後、アストン・ヴィラのニコロ・ザニオーロ、ニューカッスルのサンドロ・トナーリ、ユヴェントスのニコロ・ファジョーリと同じような手順で捜査を受けることになるようだ。

32歳のベテランは、今季セリエAで10試合に出場している。

●賭博スキャンダル関連記事はこちら

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!