チュクウェゼ「イタリア語は勉強中」。ミラン移籍は「監督とファンが大きかった」

ナイジェリア代表でも活躍するミランの新戦力

ミランのサムエル・チュクウェゼが、ナイジェリア『Football Fans Tribe』のインタビューで夏の移籍を振り返った。『MilanNews』が取り上げている。

イタリア適応

「監督に少しずつイタリア語を話せるようになってって言われているし、先生をつけて少しずつ勉強しているよ」

ミラン移籍の決め手

「ビクター(・オシメン)とも話した。彼は『こい! ミランは良いクラブだ』って言ってくれたね。ファンも『ミラン、ミラン、ミラン』ってあっちこっちに書いてくれていた。必要とされたら真剣に考えるものだね」

「もちろん監督も大きかった。僕を説得するために電話をくれたんだ。ファンと監督の2つで僕は必要とされていると感じた。実際、空港に着いたらもうファンがいたし、メディカルチェックのときにもいてくれた。どこにでもついてきてくれたよ」

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
SwG Basic の例
広告