ミラン、スカマッカはレンタルなら? アセンシオは消滅。オペンダは一歩後退か

メルカート噂をまとめて

イタリアメディアは連日、ミランの今夏の補強について取り上げている。1日に報じられた小さめの話題を短めにまとめて紹介。

ジャンルカ・スカマッカ

ウェストハムからの移籍が現実味と『ガゼッタ・デッロ・スポルト』。自信回復が最優先で、継続してプレーできる環境が優先とされている。候補としてミランのほかにユヴェントスが挙がっている模様。

ロイス・オペンダ

『TMW』がランスのアルノー・プイユ会長の談話を紹介。

「今季のチームをほぼ残す。我々は若手を育てる方針で、このプロジェクトを継続する。昨年は主力級の3人が出ていったが、うまく入れ替えられた。もし放出する選手が出てきても、しっかり代わりは必要だ。方針がまとまりしだい、6月3日から選手の代理人たちと話し合っていく」

オペンダの契約は2027年まで。引き抜きは難しいのでは、という声も。

マルコ・アセンシオ

レアル・マドリー退団でミランもチャンスをうかがっていた模様だが、すでに決着がついたかもしれない。『The Athletic』の記者によると、選手がパリ・サンジェルマン行きを決断したとのこと。ラ・リーガ最終節のあとにサインをする見通し。

ブラヒム・ディアス

『スカイ』は、シーズン終了後にレアル・マドリーと交渉開始と伝えた。鎌田大地、ルベン・ロフタス=チーク、マルコ・スポルティエッロといった交渉のほかに、FWと右サイドの強化もあるだけに、こちらはまだ不透明という見解。

カブラウ

『Goalブラジル』によると、ミランとフィオレンティーナが以前から交渉中。カブラウには8000万ユーロの契約解除条項あり。ほかのクラブからオファーが届いた際は、ミランに通達することで口頭合意があるという。ただし、選手側は今夏の移籍を考えていないらしい。

●ミラン関連記事はこちら

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!