ケシエービリア問題の収束に満足のガットゥーゾ

ミラン

 ミランを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、フランク・ケシエとルーカス・ビリアの問題について話した。1日の会見の様子を『MilanNews』が伝えている。

 ケシエとビリアはインテルとのダービーの際に口論となり、クラブはペナルティを科した。特にケシエに対しては指揮官が激怒していたものの、すでに過去の問題かもしれない。

「(前節サンプドリア戦で)ビリアが交代の際にケシエの隣に座ったことに驚いた? 特別なことじゃない。代表から帰ってきたとき、2人はみんなの前でハグをしていた」

「彼らは口論をした。みんなの前でしたことは間違いだった。しかし、もう問題じゃない」。

タイトルとURLをコピーしました