ミラン、ケシエ対ビリアは尾を引かず

 17日のミラノダービーで起こったミランのチーム内の問題は、すぐに解決したようだ。『メディアセット』で、MFフランク・ケシエがコメントを残している。

 2-3でミランが敗れたダービーマッチでは、途中交代で下がったケシエがチームメートのMFルーカス・ビリアと衝突。チームメートが止めに入る事態となっていた。

 ケシエは「彼が少しナーバスになって僕のことを呼んだんだ。あとで話し合って、全てOKだ。彼は僕の先輩でずっと長くプレーしている。彼から学ばなければいけないね」と語っている。

 一方でビリアは「仲間がサポートを必要としているかどうかというタイミングを少し見誤ってしまったんだ」と、こちらも非を認めた。