ミラン ザニオーロ獲得から撤退か

ミラン、ラゼティッチ飛躍のとき迫る?

目次

サンプドリアやクレモネーゼも興味か

ミランのマルコ・ラゼティッチが、良い軌道に乗り始めている。クラブとしても、今後の扱いを慎重に検討しているようだ。『QS』が3日に伝えた。

●ワールドカップも充実!おすすめのオンラインベッティング

ラゼティッチは今年1月にミランに加入。セルビアからきた18歳の若手には、大きな期待が寄せられている。

しかし、加入してすぐピッチに立つことはなく、筋肉系のトラブルによってプレーできない時期もあった。それでも、10月頃からプリマヴェーラで好印象を残し始めると、11月8日のクレモネーゼ戦でセリエAデビューを果たしている。U-19では今季8試合で5ゴールを決めているところだ。

トップチームの方針は?

ラゼティッチはプリマヴェーラの主力だが、ステファノ・ピオリ監督も注目している。今冬のドバイキャンプにはほかのプリマヴェーラ数選手とともにラゼティッチも参加させる予定で、テストマッチでも起用する準備がある模様。トップレベルの中で経験を積ませる考えのようだ。

それと同時に、レンタルでの獲得を狙うクラブもあるという。セリエAではデヤン・スタンコビッチ監督率いるサンプドリアと、クレモネーゼが興味を持っているほか、セリエBではレッジーナとカリアリが強い関心を持っているとのこと。また、オランダのクラブからも接触があったようだ。

ただ、ミランとしては現時点でオランダに旅立たせるつもりはなさそう。近くでチェックしたいという考えから、レンタルするとしても遠くのクラブには出さないとみられている。

ラゼティッチのブレークが近づいているのだろうか。

●ミラン関連記事はこちら
●無料メルマガの登録もお願いします!

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次