5/20 アパレル第2弾!

ジーダ、ミランGK陣の関係性に自信「現役時代と同じ雰囲気」

目次

「私の目標は、全員がハッピーに感じる環境をつくること」

かつてミランのゴールを守った守護神で、現在はGKコーチを務めているジーダが、『ミランTV』で自身の役割について語った。

ジーダはGKコーチが自身に合っていると感じており、次のように話している。

「私はプロフェッサーっぽい側面が前からあったと思う。この数年は、GKに何が求められているかをよりよく説明し、どう伝えるかということを学んできた」

[affi id=11]

「大事なのは、美しいセーブよりも、インテンシティだ。動き、技術、ポジショニングが大切になる。練習でやることはたくさんあるが、結局は試合で改善していくものだね」

「練習を通じて家族のようになっていく。出番の少ない選手もいるね。それは選手時代もそうだったし、いまは指導者としてだ。私の目標は、全員がハッピーに感じる環境をつくることだ。みんな等しく練習する。練習にヒエラルキーはない。みんなができる限りのインテンシティで取り組むよ。あとは監督が決めることだね」

「練習は普段出られない選手が、オレもやれるぞ、というアピールをする場もある。彼らにはそういう野心があるね」

「ここはアットホームな環境で、私が現役のときと同じ雰囲気だ。家族のように感じるよ。ミラネッロはとても快適な場所だよ」

ジーダ対ジージョ(2020/12)

[affi id=12]

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる